この記事のみを表示するねね嬢のダイエット  その後

未分類

ダイエットしてるはずなのに姐さんよりも大きく見えるねね嬢。




IMG_1405_convert_20130222183248.png


先日の病院での体重測定では増減はなかった姐さん。
対してねね嬢は、、、目が合えば「ハラ減ったハラ減った」と
猛アピールし、自分が食べ終わると ゆっくり食べている
姐さんの回りをウロウロして残すのを待っている。
そうすると姐さんは、
「うるさくてゆっくり食べられやしない 」と途中で
止めてしまったりする。
その場合、姐さんの食べ残しは容器に戻しておく。
ねね嬢 盗み食いを諦める。
数分後 姐さんが「そういえば食事の途中だったわ」とお皿の前で
再びご飯アピール。
ばあや、ふたたび姐さんの食事の用意をする。
姐さん、食事の続きを始める。
またしてもねね嬢が邪魔しに来る。
ふりだしに戻る。

こんなことが毎度毎度 お嬢様方のお食事の度に繰り返されるのである。

ばあやは大変です。

この記事のみを表示する病院にて

未分類

幼く見える姐さんも来月で10歳の熟女である。
ヒトで言うなら還暦を迎える頃だろうか。
そんな姐さんの身体に 昨日、気になるものを発見したため
ソッコーで姐さんを病院へ!
人間のことだと数ヶ月は軽く様子を見るのに、
姐さんやねね嬢のこととなると一日たりとも待てずに
病院へ飛んで行ってしまう。
結果、、予想通りというかなんというか大したこと
ではなかったが
まっ、ついでに心音や触診でお腹やら膀胱チェックを
してくれるので還暦を迎える姐さんにはちょっとした
健康チェックになってよいのだ!
(本人はおそらく超ー迷惑だろうケド。。)

ワタクシたちが病院に入ると すでにわんちゃんが2匹、
とにゃんこが1匹待っていた。
やがて診察室のドアが開き、「◯◯さ〜ん」とDr. の声が。

んっ??!!◯◯さん??!!

顔を向けると この子 ↓ 
IMG_6940_convert_20130212213137.jpg

キャバリアくんのママである友人とご主人が〜〜!!
同じ病院にかかっているのだが、 ここで会ったのは
初めてである。
つまり姐さんとキャバリアくんも初対面なのだが、
もちろん本人たちはそんなことは知ったこっちゃない。
キャバリアくんは予防接種だったそうで、最初から
最後まで静かでおりこうさんだった。
に くらべて姐さんはと言えば、ねね嬢ほどの雄叫びでは
ないが、診察終了後 その友人に向かって「シャー」。

相変わらずである。

この記事のみを表示するにゃんにゃんVS 飛脚

未分類

最近の。。「させていただく」症候群はあまりにも酷い。

のではなかろうか。

インタビューを受ける一般人から芸能人、8〜9割方の
政治家もなんでもさせていただいてしまっている。
今も、某局での某大臣のインタビューを見ていて驚いた。
某国へ「抗議させていただく」と宣うたのだ。
なんで対等じゃないのさ。
TVを見ているとどいつもこいつもアホかっ!と思ってしまう。


と、こんなコトを書きたいのではない。

ちょっとした手持ちの家具を配送してもらうことになった。
大型ではないが一応プチ引越便となるらしい。
最初 ねね嬢マークの某社に確認したところ、ヒジョーに
丁寧な応対で詳しく説明してくれた。
そこに頼もうと思っていたが、ふと他社だとおいくらまんえん?
と思い、最近◯◯男子で噂の飛脚の会社へTEL。
すると。。
まず電話に出たおっさん(らしきヒト)、
「$%*◯▲¥¥」と名乗ったようなのだが、まったく
何を言ってるか聞き取れなかった。
とにかく「これこれこういう物を配送して欲しいのですが」と
聞くと、
はぁ〜〜 梱包してれば送りますけど」
となんだかものすごく迷惑そうな応対。
ワ「梱包はしてくれないんですか?」
飛脚「しません」
ワ「じゃあ 結構です
飛脚、なにも言わずにガチャっと電話を切る。

かーーーーーーっ
なんつー酷い応対。
なにが◯◯男子だ、調子こいて本なんか出してんじゃねーぞーっ。
ワタクシココロがヒジョーに狭いので、もう二度と使ってやらない! と
ココロに決めた。(ほとんど利用したことはないのだけれど)

で、結局 社にお願いした。
なにからなにまでヒジョーに気持ちの良い応対である。
我が家はこれまでに何度も引越をして、やはり ココが一番
良いなぁ。。と思っていたが(あくまでワタクシ個人の意見です)、
不動のNo.1である。


アタシが1番?!(ね)
違う意味でね(ば)


IMG_4961_convert_20130205193154.jpg