FC2ブログ

この記事のみを表示する汗スイッチ

未分類

暑い。。。蒸し暑い。。
ここ1週間近く(?)は拷問のような気温の西日本に比べ、
関東地方の最高気温はそれほどでもなかった。
とはいえ、夏である。
30度で「ひょーー」と言っていたあの頃(遠い目)だったら
連日の真夏日には変わりないのに、この数字にすっかり
油断していたワタクシ。
大敵は「湿度」であることを忘れていた。
駅まで10数分、、歩くとやはり暑い。
ホームに着いたら滝汗である。
そのまま電車に飛び乗ろうもんなら、車内で汗が引くどころか
もうoff スイッチ故障状態である。
このような事態にならないようにするために、いつもよりも
15分早く家を出て 駅のカフェでコーヒーを飲みつつ、
off スイッチが作動するまで涼んで待つ。
そんなわけで タ◯ーズの売り上げにものすごく貢献している夏である。

有効な汗対策はないものか。。

肉球 しか汗をかかないお嬢さまたち。

IMG_1876.jpg




この記事のみを表示する新しい首輪

未分類

海の向こうに暮らすアツままさまから頂いた首輪!

IMG_1958.jpg

名前を刺繍してもらったもの♪♪
うふっ
本猫たちにはそんなこと知ったこっちゃあないけれど、
飼い主には嬉しいサービスである。
ありがとう〜〜〜!!!アツままさま♪

IMG_0615_convert_20130723214055.jpg

鈴も付け替え、着せてみたが。。。
案の定毛がもふもふで名前が見えない。
が、嬉し〜〜〜〜い

猫の舌はグルーミングをするために少々トゲトゲしていて
舐められるとザリザリして痛い。
そんな舌で首輪ごと毛繕いをするものだから、あっという間に
ケバケバになってしまう。
レザーの首輪は残念ながら種類がヒジョーに少なく、常に
はめているものなのでできるだけ軽いものをと思うと、やはり
ケバケバにされようともやはり布製品になってしまうのだ。
2人とも、大事にしてねー。

にゃーん♪(ばあやが代わりに返事をしておく)

この記事のみを表示する水着

未分類

ついに、、、水着を買った。
ハラを出すタイプのものである
あれこれ散々探したが、どうもしっくりくるものがない。
良いな!と思っても「痛すぎーー、歳を考えろーー」という
天の声が聞こえてくる。
まぁとにかく、やたら可愛らしいフリフリしたタイプが
多いのだ。
せめてあと10歳若ければそのような水着にチャレンジ
したかもしれないが、もはやフォーとは言えない歳である。
フリフリ水着を持って「試着してもいいですか」という
勇気がない。
結局、毎夜毎夜(うそ)目が真っ赤になるほどPCで探し、
ネットで購入してみた。
まず水着のタイプはというと、フィットネス用でも
子どものプールに何度も付き合わねばならないママ用の
日焼け防止対策水着でもなく、もちろんリゾートタイプ。
南の島には欧米人のバカンスを楽しむヒトも少なくない。
彼らは典型的な洋梨型BODYであっても覆い隠すような
ことはせず、それどころか布面積が極小な水着を着る。
そんなところに日焼け防止水着で登場したら、だったら
リゾートに来るなと思われるだろう。
というわけでワタクシも思い切ってハラ出しタイプを購入!
でもちゃんとその上に羽織るワンピース付きである。
水着自体は無地でフリフリなどついていないシンプルは
デザインだが、そのまま水に入れるミニスカもついている。
店頭で物色したものよりもはるかに安かったので、
それはそれでどうかと思ったが十分十分!
しっかりしていて問題なし。
あとは自分のBODY をもう一絞りするだけである。

この記事のみを表示するやくざ猫

未分類

出張帰りの友人のご主人方が、、リオよりもデリよりも
暑いとおっしゃったらしい今年の日本の夏。。。
ここ数日、関東地方は熱帯夜ではなかったが、まだまだ
続くよ熱い夏。。

♪♪♪♪♪

最近、実家周辺に猫の指名手配書が張り出された(うそ)。
張り出してはいなが、被害にあったご近所の猫飼い主さんや
愛猫家の怒りは頂点に達しているらしいのだ。
そう、、わが実家も(正確には実家の猫ちーちゃん)も
被害にあった。
なんでもそのやくざな猫は(かなりデカく、極悪顔らしい)
そこら中の外猫ちゃんやのら猫ちゃんを襲いまくり、
その被害は家猫にまで及んでいるらしいのだ。
ご近所さんや我が実家の家にも上がり込み(不法侵入)、
大暴れし(傷害罪)、お向かいさんちにいつも遊びに来る猫は
恐怖のあまり外に出ることが出来ず。つまり自宅に帰れず(脅迫罪)、
実家のちーちゃんはこの世のものとは思えない悲鳴を上げ、
おそらくちーちゃんの気持ちとしてはもう強姦されたといっても
大袈裟ではないほどの恐怖だったのだろう。(ちーちゃんは避妊手術を
しているので実際にはそのようなことはないと思うが)
その事件があった時、母はワタクシに電話をかけてきた。
電話に出るや否や母は、
「ちーちゃんがね、ちーちゃんがね、やくざがね、、」と興奮冷めやらぬ
様子で意味不明なことを言う。
ワタクシはちーちゃんの具合が悪いのかと一瞬ものすごく心配したら、
つまりはこのやくざ猫の話だった。

我が実家の周辺は、野良猫、外猫が多いのだが、ご近所の
方々も皆 その猫たちを嫌がることなく微笑ましく見守って
いる猫の町なのだが、その心優しい方々が
「いなくなってしまえ」と願うほどの極悪猫らしいのだ。
少し前、、そのやくざ猫の死亡説が流れ(発信元は我が父)、
それからの1週間は実際に姿を現さなかったので
近所の方々はほっと胸をなで下ろしたところだった。

が、再び極悪やくざ猫は現れ またしても大暴れしたらしい。
(強盗傷害)
あぁ。。。か弱きちーちゃんのためにも早くあらたなボス猫が
現れるか、縄張りを移動して欲しいものである。
「暴◯団はこの町から出て行け〜〜〜〜」と皆が願う今日この頃
らしい。


極悪な表情中だが ↓ これはねね嬢

IMG_9842_convert_20120331194546.jpg






この記事のみを表示する暑くなると。。

未分類

ひゃーー 7月である。
ついこの間「あけましておめでとう」だったのに、
もう夏、そしてほんの数週間くらいの感覚で
年賀状がぁぁぁ〜と言い始めるのだろう。
恐ろしや。。。 

なんでもこの夏は2010のような酷暑になるかもしれないとのこと。
マジですか。。

2010の夏といえば、ワタクシがここ(現住所)に戻って
来た夏である。
あの年はホントに暑かったなぁ。
引越で1kg 痩せたほどである。(あっちゅー間に取り戻したが)
エアコンの効いている所はよいとして、日中の気温が高いのみ
ならず 熱帯夜も続いたのが辛かった。
ひんやりした空気が吸えないのは 酸素が薄いところ
(行ったことないけど)のように息苦しい感じがする。

そして夏といえば そうあの生き物とあの生き物の季節である。
もだが、蚊対策は万全!
玄関にもベランダにも虫除けを吊るし、一吹きで10時間近くも
蚊を寄せ付けないというスプレーも購入。
それでも侵入して来た蚊にはベープマットで迎え撃つという3弾攻撃である。
夏といえばもう一方のあの生き物。
ゴキ である。
家の中は夏を前にコンバットを新しい物に変え、各部屋に置きまくった。
家で見かけることはないのだが、いつもどきどきするのが
ゴミ置き場(鍵付きのドアがあるので24時間出せる)である。
ヤツらは夜行性、ゆえに昼間に出せばよいのだが 夜 ゴミを出して
気持ちよく寝たいというのもあり、時々夜出しに行く。
で、日中の気温が高くなってきたこの頃、、2度ほどヤツらと
遭遇してしまったのだ。
ドアを開け、照明を付けるときのあの緊張感。
パッと明るくなった瞬間に嫌でも視界に入るあの色、形。
住人はきちんと出し方のルールを守り、いつも管理人さんが
置き場内もキレイに清掃してくれているのだが、そこに
ゴミがある以上、ヤツらを完全に排除するのは無理なのだ。

が、やはり見かけるとひぃぃぃぃぃぃ である。
ヤツらはヒトに向かって飛んで来るからだ。(過去に経験あり)
しかも蝶のようにひらひらではなく、ぶーーーーーんと一直線に
すごい早さで飛ぶ。
幸い、生ゴミは入り口近くの容器に入れることになって
いるので、ゴミ置き場に1歩踏み込むだけで置かれるが。。
やはりもう夜出すのはやめよう。。