FC2ブログ

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する釜山

未分類

一便目を出した日、「週末 釜山へ行こう!」と夫。
まだね、行ってなかったし 行くのはいいんですよ。。プランニングを
ちゃんとやってさえくれればねっ。

荷物が出たからといって はぁ〜やれやれ!ではない。
パッキングリストの細かい項目に保険金額を記入するっつー
実は一段面倒な作業が待っているのである。
無制限に掛けてよいのであれば、まんまの金額をどんどん書いていけば
よいが、一応限度額があるので それを超えないよう 且つ これだけは
満額払ってもらおうじゃないのっってものにはそれなりの値段をつけながら
合計額を調整していく。
まだ二便目と航空便も残っているので その分も残しておかねばならない。
これが簡単なようで案外時間のかかる作業なのだ。
自分で書いたリストはよいが、引越屋さんが記入してくれたものは
時々「なんじゃこれ?」というものがある。
もちろん我が家の持ち物なのだが、担当者が彼女の感覚で書いてくので
はて。。これはなんぞや。。ということになるのだ。
さらに韓国語は「はひふへほ」がほとんど「ぱぴぷぺぽ」になり、
「ー」数字の壱ではなく伸ばす音がないので(例えば「チーズ」なら「チジュ」となる)、
担当者さんは平仮名、漢字、カタカナを書くのは達者のようで日本語の文字も
上手なのだが、発音だけは韓国語読みのままをカタカナにするので「ティファニー」が
「ティパニ」になっていたりする。
うーーーーん、うーーーーーん と悩みながら計算している間に なんのプランも立てずに
案の定 とっとと寝やがった夫。
そして朝早くに出発しようと意気込んでいたのに これまた案の定早起き出来ずに
若干切れ気味で起きてきた夫。
ワタクシは 夜 力尽きてしまったため、少し早く起きて計算の続きをやっていた。
(その日に引越やさんに渡さなくてはならないため)

ワタクシは忙しいのだ、行きたければ今からでも1人で計画を立てたまえ。

言葉の壁が大きいので 初めて(ましてや地方)行く場所はしっかり下調べを
して食事をするところも 何カ所か候補を決めておかないと行き当たりばったり旅は
不可能である。
なのに 「電車の中で調べりゃいいじゃん」とのんきな夫。
どんな旅になったかは予想通りである。


IMG_2238.jpg


釜山。。思ったよりもかなり大きな街でびっくりした。
素朴な漁港の街なのかと勝手にイメージしていたが、国際貿易港なだけに大きな都市、
🇰🇷ではソウルに次ぐ第2位の都市なのだそうだ。

えっっっ。。。知らなかったのワタクシだけ???

駆け足の思い出作り。。あとは何処??





スポンサーサイト

この記事のみを表示する第一便出発

未分類

船便一便目が出発。


IMG_2227.jpg


8割くらいの荷物を出し、ちょっと一段落。
「転勤」と言われてからなかなか引越業者が決まらず(会社が決める)、
ビザ申請用提出書類もそろうのに時間がかかり 最初の荷物を出すまで
3週間近くが経過していたのだが、諸々動き出すとあとはあっという間である。

さて、残りわずかの🇰🇷生活 何を食べておこうかな!

この記事のみを表示する何よりの癒し

未分類

LINEやメッセージ、地震速報の音が鳴るたびにケータイにダッシュしながら
引越の準備をしている。
まだまだ落ち着く気配のない地震活動。
心配だが 船便搬出の日が近づいているので手を止めるわけにはいかない。
せめて地震と引越に集中したいと思うのに、日本の会社なのにいい加減な
仕事っぷりのココのヒト。
どうして子どもみたいに言ったことだけしかやらないのか。。
そもそもきちんとマニュアルがあるだろう と思うのに、いろいろ不十分でいちいち
こちらから問い合わせなくては先に進まないのである。
そのイライラを毎晩 夫に愚痴るワタクシ、あーーーもう シワが増えるじゃないの。
🇰🇷を離れる我が家、またしても太平洋を渡ることになった。
転勤物語シーズン5の前に番外編が出来そうなくらいにツッコミどころ満載の
引越準備である。

心配とイライラをこの方々に癒してもらった ↓ 。


IMG_2222.jpg


ワタクシが生まれたのと同じ日に誕生したお友達の赤ちゃん♪に
そ〜〜〜〜〜っと近づく くるみ嬢💕


この記事のみを表示する長い2日間

未分類

船便搬出を金曜日に控えているのに何も手に付かなかった週末。
地震、、早く終息に向かって欲しいよ。
第一報は東京の友達からのLINEだった。
それからはテレビの前から動けず、PCの情報とテレビに釘付けである。
夜になり 心配しつつもベッドに入り、ケータイでニュースを見ていた。
夜中 ちょっとうつらうつらしていた時にLINEの着信音。
「避難するかも」と妹からのメール。
「震度6」と続き 飛び起きてテレビを付けた。
東日本の時、1人で自宅にいて揺れを感じたときも 未だかつてないほど怖かったが、
その時の比ではないほど手が震えた。
とにかく連絡。。と、時差もあり、日本のテレビは観られない海外に住む
高校時代の友人と、神奈川にいるご主人のご実家が九州の友達に夜中だけれども電話。
それから妹と時々LINEで様子をやり取りしながら過ごした。
幸いにも妹と両親の住む地域は停電にはならなかったのでよかったが、緊急地震速報が
なるたびに身体に力が入り、心臓はばくばくし、冷や〜っと嫌な汗がでて身構えてしまう。
東日本の時よりも揺れの大きい余震が多く、姪っ子も怖い思いをしているのではと
思うと、もう何も手に付かなかった。
明け方ちょこっとうとうとし、朝からテレビを観る。
引越の仕分けをしなければならないけれど それどころではない。

それにしてもこの週末ほどLINEやっていてよかったと思ったことはない。
普段から海外同士でも海外&日本とでもいつでもどこでもすぐで送受信で便利〜とは
思っていたけれど、スペインにいてLIVEで情報を得られない高校時代の友人に様子を
送りつつ、妹と電話したりメールしたりして様子を確認。
便利で助かるツールだなぁ。
通信障害が起きない限りはすぐにやり取りができる。
返信がすぐに来なくても「既読」になれば、とりあえず携帯電話が見られないほどの
怪我などはしていないだろうということも分かる。
夕べはやっと妹たちも少し長く眠れたようである。

まだまだまったく安心できないけれど、これ以上被害が大きくならないように、
一刻も早く寸断された道路や交通手段復旧し 必要な物資が届くように、お天気は
コントロール出来ないけれど 被災者の方々や救助隊方々の体力を奪わないように、
自宅に取り残されてるペットたちが怪我や怖い思いをしないように。。と祈るばかりである。

心配して連絡をくださった皆さんありがとう!
まだ余震も多いし、地震活動は活発化しているとのことで油断はできないけれど
家族もうららもねねも無事です。
ねねはケータイの緊急地震速報が鳴ると 即行で押し入れに飛び込むのだとか!
正しい行動デス。











この記事のみを表示する白い空の中

未分類

ココ🇰🇷での週末もあと何回??ってことで思い出作りに励む夫。
住んでいるとね、どこでもなんでもそのうち。。と後回しになり、
結局 去る前に慌ててあちこちせっせと巡る。。って過去何度も
繰り返してるのに また同じコトやってます
そもそもココでも週末も会社なんてことが多かったので、ホントに
遠出もほとんどしていないのだ。
緊張状態の続く あの場所(境目ね)にも行きたがるのだが、
❌でしょ。。今は。

近くのビルも霞む🇨🇳の空状態だった昨日もお出かけ。
↑ なワケでワタクシは正直気が進まなかったが仕方ない。
お洋服が汚染されるのも嫌だったので、もうクリーニングに出そうと
思っていた冬服に身を包み、もちろんマスクで出かけた。
すぐ近くにありながら 企画展しか観ていなかった国立博物館。
朝鮮の歴史を思い出しながら(高句麗、百済、新羅の3国名しか思い出せん)見学。

しかし。。。マスクを外していると館内でも喉がイガイガしてくる。
ヤバいと再び着用。
見学後、館内のレストランでランチ! ココ、なかなか良いらしいという話で
一度行ってみようと思っていたところである。
ガラス張りの店内は明るく広々としていて気持ちが良い。
夫はビビンバ、ワタクシは牛の辛くないなんとかスープを食す。


IMG_2163.jpg


🇰🇷小鉢も上品は味付けでなかなか良い!
館内レストランということで(フードコートも別に有り)、品数のわりに
お値段は安くはないが、静かで落ち着いて食事ができるのでたまには良いかも?!
伝統茶がいただけるというカフェがすごく良さそうだったが、ココでは
食事だけで切り上げ 次の目的地へ。

バス停に着くと 乗りたいバスの到着までは15分。
もうタクシーで行こうぜと夫、だがワタクシは普段 どんなに荷物が重くとも、
どんなにバスが来なくてもよっぽどのコトがない限りタクシーには乗らない。
何度も言うけど なぜならあの暴走運転が怖いから!
15分くらい待とうよ、とワタクシ。
え〜〜 と少々ごねる夫だったが待つことにした。

が、

10分くらいたったところでついに咳が出始める。
しまった。。。かなり辛い。。タクシーにすりゃー良かった。。
一旦咳が出始めるともうダメなのだ。
梨泰院で用事を済ませ、戦争記念館に着く頃にはもう咳は止まらず、喉のみ
ならず胸(気管支のあたり)まで痛く、見学どころではない。
あ¨ーーー どんだけ汚染されてんの??ワタクシの身体。。
どーして皆 なんともないのーーー???汚染度は同じはずなのに。
まあね、弱いところに症状が出るワケで、元々喉は弱いので仕方がないが
ついに鼻もやられるようになってしまい ココまで汚染の酷い日は鼻水も
出てくるように。。

ココを離れることになったので、もう悩まされることはなくなるが
なんとかした方がいいよー ホントに。
隣の隣の国がなんとかしてくれないとどうにもならないし、
転勤で数年だけ暮らすのであれば問題ないだろうけれど、将来 呼吸器疾患の
患者が激増するのでは???
それでなくともどこも少子高齢化、医療費だけがかさみ大変なことに
なるでしょーに。
ココのヒトも もっと危機感持ってちょーーだいっ。

この記事のみを表示する紫とお肉と

未分類

先日 一瞬空気の良い日があっただけで ずーーっと ↓ な空


IMG_2145.png


敏感なヒトには良くない状態。。。って ワタクシ敏感なヒトなので
こんな日は外に出られません。
まー そういうわけにもいかないので出かけるけどね。
修行(何の?)デス。
それより見てクダサイよ。

126 良くない状態。。の帯と、PM2.5とかPM10とかそれぞれの数値の
間にあるグラデーションになった部分。
これ 空いたスペースを埋めるための模様じゃありませんよ。
この後数日間の 大気汚染予報。

見よ

明日の予報。。ワタクシの🇰🇷生活史上初の登場デス。
紫って あーたっ、北京(っていうか中国)の空予報でしか見たことないわよ。
ワタクシから言わせりゃー もはや致死量なんじゃないのっ ってなくらいよ。
黄砂も降ってくるこの時期、密閉されているはずのマンションなのに
窓を閉めていても なぜかクイックルワイパーでお掃除をすると砂が。。PM2.5にまみれた砂が。。


とまあ 前置きはこの辺で。

先週末はお久しぶりに 近所でも美味しいと評判の焼肉やさん(??)へ。
場所は分かるがお店の名前を覚えていないという、ワタクシの韓国あるあるのお店。
行ってみたい方は ↓の写真から探し出すか メールください。
焼肉といっても、牛2種類と豚があったようななかったような。。
その他にテンジャンチゲ(韓国お味噌汁)、チョングッチャン(韓国納豆汁)
くらいしかなかったような。。全メニューの解読が出来なかったので当てにならない
情報だが。。
ココで食べるならコレ!!!というお肉を。


どーーーん!!

IMG_2117.jpg


見よ、この大胆な登場、二人分で340gの牛ブロック、そしてエリンギ生だし
デッカいし。。そしてこの下には同じくほぼ生の玉ねぎも。
が、アンシムハセヨ(安心してください)
お店のヒトがもちろんハサミでジョキジョキ切ってくれマス。
鉄板は熱々なので、ジョキジョキ切ってる間にジュウジュウ火が通っていきマス。
美味しいが 繁華街でないのに繁華街価格。。さらに我が家は🍷を
付けるので 狭くて決して美しくオサレとは言い難いお店なのに
びっくりぽんなお値段に。
まっ、、めちゃくちゃ物価の高いココで輸入品のワインなんぞを
外で飲もうってんだから 仕方がない。


この記事のみを表示するびっくりぽん

未分類

先週は日本から友人が✈️
ちょっと時間がたっぷり取れたとのことで、今回は1週間の滞在。
いやーーー、良く食べ良くしゃべったしゃべった!!
あっという間の楽しい1週間だった。
普段 ちょっと遠いところへは面倒がっていかないのだが、おかげで
お久しぶりのレストランや、近くてもなかなか足が向かないところへ
出かけよく歩いた!!


お久しぶりの蟹ビビンバ


IMG_2115.jpg



キャンドル好きなワタクシ。。とあるショップで、ステキなキャンドルを
見つけるもまだまだ練り歩く予定のその日、その時間に買うにはちと重い。。
またくればいいや!と断念したのだが、なんとなんとなーーんと
友が帰国した後、友が使ったお部屋を片付けると なんとも嬉しいカードと
指くわえて見ていたキャンドルが〜〜〜〜〜〜〜っ!!
最終日、昼間は一人でお土産等々の買い出しにと出かけた友がわざわざまた
寄ってこっそり買ってくれていたのである 、感涙
正確に言うと友が去った翌日に気付くという失態をおかしてしまったが、

ありがと〜〜〜〜う💕

🇰🇷大好きの友が我が家に滞在している間に🇰🇷を去ることが決まった我が家、
今回の友の滞在はなんだかより思い出深いものになった。




IMG_2128.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。