FC2ブログ

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する転勤

未分類

海外駐在

会社の保護の元、家賃の心配もなく 保険なども保障され なんの心配もなく
生活できる。。と思う方は多いだろう。
実際にはその通りである。
海外で必要な医療保険は会社で支払ってくれ、家賃も自己負担分もあるが
ほとんどは会社負担である。
引越も帰任着任の費用も会社持ちである。
自費で留学、自力で就職という方には羨ましい限りの環境だろう。
それは否定はしない。

しないよ。

でもね、駐在を命じられる本人はなんの苦労もなく現地での生活が始まるわけでない。
言葉の問題、現地の人の国民性の違いによる諸々の問題、赴任先の習慣その他諸々。
幸い我が家が暮らした国は先進国ばかり。
ニューヨークなんて、もしかしたら海外では一番暮らしやすいかもしれない。
が、私たち夫婦が暮らしたのはニューヨークだけではない。
夫も色々と大変なことを経験しつつこれまでやってきた。
が、一緒に付いていく私(妻)だって 夫とは違う苦労をしてきたのだ。
そりゃあ 仕事をする夫とは比較にならない苦労かもしれない。
けど、妻には妻の、子供(我が家にはいないが)子供なりの苦労がある。
夫はそんなことも良い経験となんでもポジティブに捉えようというタイプである。
すごく良いことだと思うし、そうできるなら絶対にその方が良いに決まっている。
が、私はそういう人間ではない。
辛かった思い出は辛いまま、、人生において良い勉強や糧になるのかもしれないけれど
しなくて済む苦労や辛い経験は市内に越したことはない。。と思うタイプだ。
なので そんなことを体験したところ(事)を無理して好きになろうとは思わない。
もちろん、それぞれの国 辛かったことばかりではなく 楽しかったこともたくさんある。
そこで知り合った友人も宝物である。
が、無理して嫌な思い出を「良い思い出」にするつもりはない。
でも夫は会社員で、労働しているとはいえ そこからどれほどの保護受けているかを
実感しているので会社への恩義 それはもう強い。
そんなこと知ったこっちゃねぇ。。とは言わないけれど、夫とは一緒にしないで欲しい。

と、いつもよりもお酒を飲んでそんなことを夫に毒づいた。

良いことも嫌なことも含めてそれぞれの土地、国の思い出である。
嫌なことをなかったことにはできない。
何が言いたいのか。。よくわからなくなってきたけれど、、
まっ、転勤って家族も同じくらい大変なのだ!

もちろん。。もちろん!夫には相当のサポートをしてもらっての海外生活ですよ。
そして忘れてならないのは日本にいる家族あってこそ、、でもありますよ。
結婚して以来、我が家よりも短い期間でずっと国内転勤をしてきた友人が、ついに地元に
帰って行った。
「転勤は大変だけど、どこへ行っても元気で楽しく暮らせるのだから感謝しないとね」
といつもいつも言っていた彼女!
本当にその通り!
が、たまには毒づかせてくださいなっ 😎


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。