FC2ブログ

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するNutcracker

未分類

師匠が指揮をした「Nutcracker」を観に行って来た。
師匠が指揮っつーととても偉そうな響きだが、あくまでそのダンスカンパニーの
音楽監督であって 一切を仕切る芸術監督ではない。
でも 指揮者だもんねぇ。。オケも振っちゃうんだもんねぇ。。

チャイコフスキーの音楽はそのままで、ベースのストーリーを時代設定を変え
コミカルにアレンジした物語演出。
いわゆるクラシックバレエの「くるみ割り人形」しか観たことがなかったが
こういうのも面白いね!
シーズンもので毎年 この時期に1週間公演を行っているようである。
これもまた🇺🇸らしいダンスの公演なのかな?!

劇場はブルックリン、初めて行くのに外はすでに真っ暗。。最寄りの駅まで
は乗り換えなく行かれたのでスムーズだったが、まず出口が分からない。
地図でみた劇場のならびにある建物の名前を頼りに出口を上がり、とりあえず
歩いてみるものの なんか。。人通りないし 暗いし 何もなさそうだし。。不安💦
そんな時に限って電波が悪くケータイのGooglemap が現在位置を読み込んで
くれないっつーアクシデント。
友人と明らかに何もなさそうな方向へ と思いながら歩いていき
立ち止まったところで 通りがかりの女性が声をかけてくれた。
全然違う方へ歩いていたようだ

ありがとーーう💕 親切な方。

正しい道のりは人も多く、明るく賑やかな通りだった
出口さえ合っていれば劇場は駅からすぐの所だった。
そんなこんなで第1の関門は突破、そして2番目の関門はチケット入手である。
師匠が「取ってあげるよ」とのことだったので、席は確保できてはいたのだが
レッスンのたびに「で、おいくら万円?」と聞いてみるものの、まだぼくの所に
インボイスが来てないんだよね、でも大丈夫!公演終わってからでもいつでも
いいから!」となんともテキトーな応え。
で直前のレッスンでも「まだなにも来ないんだけど、Will Callで君の名前で
受け取れるから!」
通常 Will Call で受け取る際は決済に使ったクレジットカードやプリントアウトした
確認書等(フォトIDが必要なこともある)を見せてチケットと引き換えなのだが、

名前言うだけでホントに受け取れんの?? あぁ。。不安💦

「はぁぁ〜?とチケットカウンターの人に盛大に言われそうで
そうなった場合の説明英文を脳内で考えながら たくさんの人でごった返すチケットカウンターに並ぶ。
一応「カンパニーの人が予約をしてくれてるんだけどぉ。。」と自分の名前の綴りを
メモした紙を見せると(口頭で綴りを言うと見慣れない🇯🇵人の名前はほぼ聞き返される)、
あれ出せ これ出せなどと一言もなく あっさりチケットが出て来た。

はぁ〜〜 良かった!
はるばる。。でもないけれど、ブルックリンまで一緒に観に行ってくれた友人に無駄足を
踏ませることにならずに済んで



IMG_2443_convert_20161218002624.jpg

師匠=ひげ面の黒いヒト


公演はこの週末まであるようだが、、お疲れ!師匠。



コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。